やっぱり安く買いたい!量販店と直販サイト、どっちが安い?

単体価格では直販サイトが安い

パソコンを購入する際には、性能はある程度保ちつつ価格を抑えたいと誰しも考えるでしょう。同じメーカーのパソコンであっても、量販店で販売されている商品と直販サイトのモデルは少し構成が異なることがあります。なぜなら、大手家電量販店ではメーカーと提携したメモリやCPUなど一部の部品を標準モデルから強化したオリジナルモデルの販売に力を入れているからです。
直販サイトでは標準モデルを販売していることが多いので、ポイント還元などが無い分だけ単体価格は安く設定されています。何より人件費が少ない直販サイトでは、価格変動はさほど多くないので特定のセール時以外は常に安い価格で提供されています。気になるサポート面については、コールセンターと宅配便を使ったサポートとなるので、ある程度状況を詳しく説明出来るだけのバソコンの知識が必要です。

セット購入では量販店の方が安い

家電量販店でパソコンを購入する最大のメリットは、サービスとセット購入が選べることです。パソコンは購入してすぐに使えるわけではなく、初期設定が必要となります。初期設定を同時に依頼したり、出張設定サポートの手配をポイントを利用して行うことも出来ます。周辺機器をセット購入する際にもパソコン本体購入で付いたポイントを使うことが出来るので、複数商品購入時には総額が安くなります。
直販サイトでは選べる周辺機器に限りがあり、多くの場合で単体購入が最も安いのでセット購入がお得とは限りません。パソコンとプリンターセット購入の場合には、プリンター用インクのランニングコストが高いことが多く、好みのプリンターを自分で選んだ方がランニングコストを大きく下げられます。

デスクトップパソコンはデイトレードやゲームといった速さや処理能力の必要なシーンに不可欠なので、それらの用途に使う場合は買ってみましょう。