WindowsとMac それぞれのメリットとデメリットって?

Windowsはソフトの数が豊富だがハードのデザイン性が劣る

パソコンの代表的なOSとしてWindowsとMacがあります。この二つのOSにはそれぞれ多くの支持者がいて、インターネット上では支持者同士が張り合うという光景も見られますが、利用者としてはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
まず、WindowsですがMacよりも利用者数が多いため、Windows専用のソフトがかなり存在しています。以前はMacにも、Macでしか使えないソフトがかなりありましたが、Windowsで使えるように移植が進んだので、ソフトの優位性ではWindowsといえるでしょう。
では、デメリットはなにかというと、対応するハードウェアのデザイン性がMac搭載のパソコンと比べると劣るといわれることです。

Macはセキュリティが強固だがハードの選択肢が少ない

一方、Macのメリットはなにかというと、セキュリティの面が挙げられます。なぜMacはセキュリティ面で優れているのかというと、Windowsと比べると利用者数が少ないため、コンピューターウイルスの作成者がMacユーザーをターゲットにしないからです。つまり、Macで動作するウイルスの絶対数が少ないため、安全なんですね。
では、デメリットはなにかというと、Windowsと比べてハードの選択肢がほとんどないことです。なぜかというと、Macの場合、OSをインストールできるパソコンは、OSを作成している会社のものに限っているからです。なので、日本のメーカーがMacを搭載したパソコンを販売するといったことは不可能なんですね。

大学生がPCを買う場合には、前もってソフトが入ったものやサポート期間の長いものを選ぶことが重要です。